厚さや色柄で選べる名入れタオルの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名入れタオルは挨拶代わりの品として使いやすい白だけでなく、企業のテーマカラーに合わせて様々な種類の色が選べます。厚さに違いがありますし、国産か外国産かによっても違いがありますので、予算や予想される用途に応じて選択することをすすめます。
名前や連絡先、ロゴマークやキャラクターなどのイラストを入れる場合、見えにくくなる組み合わせがあります。例えば、生地と同系色のインクを選ぶと目立たないことがあるので注意してください。多色刷りにするとオプションサービスの料金がかかる会社もあるので、見積もりで確認をしましょう。
インターネットで頼む場合は、出来上がりや配色に不安があるかもしれません。サンプルはサイトから写真画像で見ることが可能なところが多くなっていますが、実際に目で見て確かめたい場合は、送付を依頼することが可能な場合もありますので、利用すると良いでしょう。

どのような色の生地が用意されているか

名入れタオルでよく選ばれているのは、白生地です。企業が住宅や事務所等の建築や設備などの施工を行う際に粗品として利用したり、年末の挨拶やお年賀などで顧客に渡したりして使用されることが多いです。家庭でも企業でも幅広く使うものですし、いただいて困ることはないので販促品としてよく利用されています。企業によっては、粗品やご挨拶などののし紙を必要とする場合もあります。のしを使った包装や表書きと社名のプリントも合わせて頼めるところはとても便利です。
カラー生地も充実していて、数種類の中から選べるところも多いですし、元々イラストが入っているものも揃えられている場合もあります。豪華な花柄や可愛らしいイラストがプリントされているタイプなら、女性が多い華やかな雰囲気の職場にぴったりでしょう。文字を入れる場合は、生地色に合ったカラー番号を指定することが可能なところもあります。

向いている用途により厚さは指定できるのか

名入れタオルの厚さや手触りなどは、作られた国によって違いがあります。一般的には、国産はふんわりした加工がされていて、ボリュームがありますが、海外で作られる外国産はプレス加工がされているので、しっかりとした感じに仕上がります。同じカラーでも国内外の生産場所により色味や色調が微妙に異なることもあるため、サイトの画像サンプルや実際の見本を見て確認することをおすすめします。
薄手の生地は160匁から180匁、1枚に尽き50gから60g程度の重さになります。温泉地や風呂場で使われることの多く、絞りやすいのが特徴です。乾きやすいので繰り返しの洗濯にも耐えられます。標準的な厚さの物は200匁で約60g前後です。企業の挨拶や粗品として利用されるのは、薄手から標準のものが多いです。ボリュームがあり、ふっくらした物は220匁から240匁で66gから75g程度になります。ふんわりして高級感がありプレミアムグッズや限定品、記念品に向いています。

ピックアップ記事

名入れタオルのサンプルについて

コンサートやイベント、スポーツ大会、地域や学校行事などで、記念グッズとしてオリジナルタオルが販売されたり、無料で配布されたりすることがありますが、実際にどのくらい費用が掛かるか、わからない人が多いでし...

イベントにも活躍タオルの名入れ

タオルは日常的に使用するもので、家にあって困らないアイテムです。特に夏場や小さいお子さんがいる家庭では、汗を拭いたり水分を拭き取ったりできるので何枚あっても困らない日用品です。そんな日常的に必要不可欠...

厚さや色柄で選べる名入れタオルの種類

名入れタオルは挨拶代わりの品として使いやすい白だけでなく、企業のテーマカラーに合わせて様々な種類の色が選べます。厚さに違いがありますし、国産か外国産かによっても違いがありますので、予算や予想される用途...

小ロットで名入れタオルの作成を依頼する

何らかの理由があり、小ロットで名入れタオルを作成したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、小規模の会社だけど感謝の気持ちを込めて贈答品にして配りたい場合もあるでしょうし、イベント...


コンテンツ

カテゴリー